スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
愛しのビグちゃん

2015-02-24 23:30
気がつけば、このブログの更新も
1ヶ月経ってしまいました(> <)

その間にも、
これまで以上にギター熱が上がっておりまして、
どうしようかと自分でも思っています。

ギターを始めて35年位(←うわっ、そんなになるのか!)

子供の頃から
どうしてこんなにギターが好きなんだろうと
自分でも不思議になるくらいに熱中していました。

そしてその熱は冷めるどころか
ますます強くなっていて、
そして毎日、毎日、今だに発見や、感動があるのは、
良いのか悪いのか分かりませんが、
自分としては幸せなことだと思います。

きっと変わり様がないんだろうなと思います。

この1ヶ月の間にも
たくさんの楽器との出会いがありました。
夢のようなギターや機材にも出会いました。

もう、毎日発見ばかりで
楽しくて仕方がありません。

病気でしょうか。

かなりの重症のように思います。

ところで、
僕はこれまで自分のギターを売ったことはありません。
一本、一本、特別な想い出があって、
どうしても、手放せないのです。
(だから本数がどんどん増えていくのです!)

でも、あんまり弾いていないギターは
家に置いておくよりも弾いてくれる人の手に渡った方がいいのかなぁ
とも思うようになってきて。。。。
大切なギターだからこそ、
誰かに弾いてもらった方が良いのかなと。

とてもとても思い入れのある、大好きな特別なギターだけど、
最近ライブでも使っていなかったレスポールの「ビグちゃん」
14080471GT.jpg

とても良い音なのですが、非常に重いのであまり使っていませんでした。
さみしいけれど、これを手放してしまおうかなと思いました。
長いことメインギターとして使っていました。
1992年の1月にオールマンブラザースのコンサートを見に行く日に、
友達から譲ってもらったギター。
1971年製のギブソンレスポールです。
ボクの手元に来てから色々と改造をしました。

でも、シンプルな基本の形に戻してあげよう。
ビグスビーをはずして、
元のオリジナルのテイルピースに戻してあげて、
ピックアップのカバーもつけてあげて、
弦も、昔、愛用していたダダリオのものを張ってあげて。
バッチリ調整してあげて。
丁寧に、丁寧に、磨いてあげて。

そうしていると、
やっぱり、もう、愛おしくて仕方ありません。

そして家のアンプで鳴らしたならば、
やっぱり最高なのです。
やっぱり、僕はこのギターが大好きなのです。
140224zubi.jpg

考えてみたら一番、馴染みがあって、一番近い親友みたいなギターでした。
この20年以上、毎日僕の生活を見てきたギターなんだなぁ。
大切な、大切な「家族」なんだということに気がつきました。

このギターは僕にとって特別です。

手放すなんてことを考えてゴメンね。

これからは今まで以上に大切にします。
スポンサーサイト
別窓 | ギターあれこれ | トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
| 晴れの日は好き? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。